エクセルのブログ

ゲーム(shadowverse・civilization6・アズールレーン)のプレイログ、あとはたまに読書

civ6プレイログ(9/29)・後編

すると今度はゆたろうさんのアメリカの方でも騒動が起こります。コンピューターが操作するヌビアが、ゆたろうさんに宣戦布告したのです。このヌビアという文明は序盤にかなり強い固有ユニット(ピタティ弓兵)を持っており、非常に厄介です。なんとかゆたろうさんも対応していたのですが、かなり苦労しているようでした。

 

このヌビアなのですが、他の国にも一方的な非難声明を出したり、宣戦布告をしたりしていたようで、今回のゲームの一番の問題児だったといえるかもしれません。しかしながら後半になるまで、倒そうという話は出てきませんでした。単純に軍事力が大きかったので、同盟を組んでも勝てるか分からなかったというのが大きかったと思います。あとは地理的に離れており(ヌビアが暴れていたのは砂漠を隔てて自分と向かい側)、助けに行けなかったということもありました。

 

このあたりから自分が勝てる可能性がなくなってきます。成長しようとしても付近にsryoさんの大都市が広がっており、都市を出したところで全部向こうに取られてしまうからです。夜遅かったこともあり、あきらめムードになってきました。その流れを決定的にしたのが、アラビアが固有ユニット・マムルークを製造したことです。当時のドイツ軍はまだ弓兵・弩兵しかおらず、マムルークは相性最悪なこともあって無理ゲーです。自分はここでギブアップしました。最後の方は自国の都市が反乱→鎮圧→反乱という不毛なことをしていたと思います。あとはやぶれかぶれでローマに宣戦していました。これも固有ユニットが強かったため無理だったと思います。

 

敗因としては大きく二つに分けられると思います。一つ目が都市出しの稚拙さ、二つ目が兵隊の合性を頭に入れてなかったことです。

 

まず都市出しについては、立地のいい都市に執着しすぎて首都から離れた場所に都市出しをしてしまいました。都市の間の距離が空き過ぎると忠誠度が簡単に下がり、反乱されてしまいます。今回sryoさんにとられてしまった都市がまさにこれでした。この後シングルプレイで、土地の条件には妥協しつつ、近くに都市を固めていったところ、かなり忠誠度を高く保つことができました。また、最初に投石兵をラッシュしたため、取りたい土地を先にとられたということもあります。これは前回のオランダでも同じ経験があったため、もうやってはいけない間違いだなと思いました。

 

二つ目はユニットごとの相性です。最初に自分は投石兵を大量生産していました。これは、投石兵の発展形である弓兵・弩兵は2マス先のユニットに攻撃できるため、こちらが反撃を食らうことなく一方的に攻撃できるのです。コンピューターは基本戦争が下手なので、これを乱発していれば倒せます。

しかし対人は別です。弓兵・弩兵は遠距離攻撃こそできますが、騎兵には相性が悪いのです。基本的に兵隊ユニットは、戦士<弓兵<軽騎兵<重騎兵 という位置づけで、戦士より弱いが重騎兵に強い、という位置づけに長槍兵などがいます。これを全く理解せず、序盤に弓兵を乱発したのが後まで響くことになってしまいました。

 

あとは都市の快適度が低かったように思います。このせいで技術ツリーがうまく進みませんでした。快適性が与える影響についてはまた後でまとめて書こうかなと思います。