エクセルのブログ

ゲーム(shadowverse・civilization6・アズールレーン)のプレイログ、あとはたまに読書

div6 プレイログ(9/29)

だいぶ前の話になってしまいましたが、9/29にciv6のマルチプレイをする機会がありましたのでプレイログを書きます。ただ、今回に関してはぼくが途中で辞めたのでそこまでの記録になります。

 

今回の参加者は以下の通りです。

エクセル…ドイツ

ゆたろうさん…アメリ

sryo36さん…アラビア

あるかのさん…インド

コンピューター…ヌビア・ローマetc

 

前回科学研究がそこそこうまくいっていたこと、コンピューター相手で科学勝利しかやったことがないことから、今回も科学勝利狙いでした。

 

まずはじめは投石兵を生産しながら、戦士にあちらこちらを探検させます。都市に関しては、初期位置が丘陵の上で川沿いということもあり、一ターン目から首都をたてられました。

 

すると、都市の左側は海ということがわかりました。今度は戦士を右側に移動させたのですが、そこで早くもゆたろうさん(アメリカ)と出会ってしまいます。幸い、こちらとの交渉を受け入れてくれ、川から南側に都市は作らないため代わりに攻め込まないでほしいという要望をうけいれてもらえました。ゆたろうさんは自分の南側にいたようです。

 

なお、都市の右側は砂漠であったため、都市が建てられません。生産力がほぼゼロなので役に立たないのです。そこで北を探検することにしました。このあたりでは投石兵をたくさん作っていた記憶があります。

 

いい土地を(川沿い・丘陵地)見つけたのですが、運悪くsryoさんと出会ってしまいます。加えて、狙っていた土地のすぐそばに都市を建てられたため、こちらが年を立てられなくなってしまいました。序盤から戦争もしたくないため、ここから南に都市を出さないでほしい、というと、快く受け入れてくれました。

 

幸い、北西側には緑が広がっていたため、sryoさんの領域を侵害しないように都市出しをしていくことに決めました。川も流れているし悪くなさそうです。また、自分の北にいるsryoさんが西に展開したところで都市国家があるため、そこで止まるかなと考えていました。これは大きな勘違いだったのですが…

 

とりあえず、川沿いのそこそこいい土地に一つ、sryoさんの領土から近いけども立地のいいところに都市をもう一つつくりました。sryoさんと出会ったあたりでだいたい30ターン目くらいだったと思います。

 

この辺で全員の場所が判明したのですが、かなり固まって配置されているようでした。

               

 

        あるかの

  平地    sryo

 

   海    エクセル          砂漠

        ゆたろう

 

かなり分かりにくいですが、こんな感じだったと思います。このあと都市を3つほど出して、ローマと遭遇します。そしてあちこちでキャンパスを立てることにしました。しかし、ここで通知が出てきます。sryoさんが都市国家に宣戦布告したというものでした。

 

自分としてはこの都市国家とは仲良くしたかったので、sryoさんの行動は意外でした。今思えば助太刀に行けばよかったかもしれません。しかし、後述しますが、この時の自分では助太刀は難しかったと思います。

 

結局都市国家は占領されてしまい、sryoさんは自分にとって完全に目の上のたんこぶとなってしまいました。また、立地のよさに目がくらんで建てた都市も忠誠度が低下してしまい、自由都市になってしまいます。その後はsryoさんに支配されてしまいました。この段階でかなりヤバい状況です。

 

(後半に続く)