読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エクセルのブログ

京都の大学生です もうすぐ社会人です

ゲームで学ぶ雑学 グランブルーファンタジー・ヴァンピィ編

本当はアルタイルのはずでしたが、人気のあるキャラの方が他の人も見たときいいかなとおもったのでヴァンピィにしました。

こちらがヴァンピィです。

f:id:KKIIUIUE:20160920224205p:plain

CVが釘宮理恵さんということも拍車をかけてかなりの人気キャラになっています。

名前の元ネタは言うまでもなくヴァンパイアでしょう。

アビリティはこちらです。

f:id:KKIIUIUE:20160920224330p:plain

かなりわかりやすいのではないでしょうか。奥義も含めてみていきましょう。

・ブラッディ・リファインメント

英語ですね。「bloody refinement」となります。「bloody」は言うまでもないでしょうが、「血の」という形容詞です。「refinement」は少しなじみがないですが、「精製、混じりけのないもの」という意味です。ヴァンピィの設定がヴァンパイア族の王女ということで、「純血」という意味になるのでしょう。

・テスタメント

英語です。「testament」という綴りです。他のゲームでもよく聞く名前ですね。「遺言」という意味です。知っている人もいたのではないでしょうか。ちなみに、「the new testament」だと「新約聖書」という意味になります。

・スカーレットギフト

scarlet」は某弾幕ゲームのおかげでかなり有名ですね。「真紅の」という意味です。ギフトは言うまでもなく「gift」。「真紅の贈り物」という意味になります。ヴァンパイアだけに血と絡めてこの形容詞を使ったのでしょう。

・チャームスローブ

少し迷ったのですが、「チャームス」「ローブ」でしょう。「スローブ」とすると相当する言葉が出てきません。「slobe」だとお店の名前、「throb」だと車の専門用語になるのでこれら二つは違うと考えられます。

「charm's robe」だとすると「魅惑のローブ」。ヴァンピィはローブを羽織っていませんがこの技が敵を魅了することを考えると、相手を魅了するオーラのようなものを羽織っている、という解釈になります。

ローブという単語はよく聞く割にあまりはっきりしたイメージが自分の中にありませんでしたので参考画像を載せておきます。

f:id:KKIIUIUE:20160920225449p:plain

Fateのキャスターが羽織っているのがローブです。黒と紫のマントみたいなやつですね。個人的にキャスターは顔を出している方が好きですが…

たぶん次はカリオストロをやります。